お知らせ

TOP : 【ご挨拶】浅田監督よりメッセージ
投稿者 : tanogashira 投稿日時: 2016-12-23 14:08:48 (356 ヒット)
エキップアサダ後援会員の皆様

いつもエキップアサダを支えていただき誠にありがとうございます。

366日ありました2016年も残すところ僅かとなりました。
今年はEQADSのレース活動を含め、U23およびジュニアの日本代表として多くの国際レースに参加をしてまいりました。
ツール・ド・フランス参戦という大きな目標を掲げる中、エキップアサダではEQADSの発掘、強化、プロ選手輩出という流れを確立させ、ひとりでも多くの世界レベルで戦える日本人選手を出すこと、そして日本人選手とスタッフの力を一極集中し、世界に挑戦できるチームを作るという2本の柱を常に考えて行動しています。

2016年も色々なことがありましたが、その中で2つほどご報告をさせて頂きます。

2014年にロード日本代表監督就任以来、2020年の東京五輪を見据え、自ら提案し進めてきた「ナショナルプロチーム計画」も、最終的には私の力不足により、形にすることが出来きませんでした。大きなご期待をいただきました皆様や、選手、スタッフには本当に申し訳なく思っています。しかし停滞する時間は無く、現状を踏まえた上で、目標に向けてこれから何をどう進めてゆくかを考えております。
選手強化の中ではEQADS所属11名というメンバーで華々しくスタートを切りました。思い描いていたよりも厳しいレース環境の中では、シーズン途中で勢いを失う選手も多数いた事も確かです。
またU23カテゴリー4年目を終えEQADSを去る選手もおります。その中、中学時代からEQADSで走ってきた数名も高校を卒業し、今年始めてヨーロッパでの挑戦を始めた年でもありました。彼らも他の選手同様、楽なシーズンではありませんでしたが、今年の経験を活かし来季も目に見える成長を遂げる準備はできているようです。
このような2016年で有りましたが、皆様には改めて、温かく見守っていただき本当に有難うございました。2017年は2020年以降の事も見据えた上で、新しいシーズンをスタートさせたいと考えております。

夢こそが未来を決める。

もう一度この言葉の意味を自分に問いかけ「夢へ」向かって進んで参ります。

2016年12月22日 浅田 顕